2006年09月20日

タカ派って何?意味は?

タカ派、ハト派って聞くけど、はっきりした意味は知らないなぁ・・・
で、検索して調べた
タカ派(鷹派、たかは)とは、強硬的な政治信条を持つ人または集団を指す言葉。⇔ハト派
タカ派 - 組織の中における、行動的な人達の事。 過激派よりは穏やかな表現。 [参考] 「 タカ派」とは、特定の政治信条を持つ人または集団を指す言葉。

このサイトはおもしろい
タカ派とハト派の戦略ゲームhttp://www5.ocn.ne.jp/~sanai/column/03takaha.html


1998年初、NHK未来潮流の番組で「生と死・遺伝子からのメッセージ」が放送されました。5名の出演者はパラサイト・イヴの作家「瀬名秀明」。ヒトゲノム解析センター所長、分子生物学者の東大医科学研究所「中村祐輔教授」。利己的遺伝子の著者、オックスフォード大学「リチャード・ドーキンス教授」。アポトーシスの研究者、東京理科大学「田沼靖一教授」と、阪大の四方哲也助手です。大阪大学工学部の四方哲也助手は、大腸菌を利用して進化の歴史を研究しています。大腸菌は5時間で世代交代が起こるので進化の研究には好都合なのだそうです。その中で、大変興味深い様子が観察されました。大腸菌の強い菌、弱い菌を一緒に混ぜると、強い菌だけが生き残ると考えられますが、実際の実験では弱い菌すべて淘汰されるわけではなく一定の割合で弱い菌が生き残る、という面白い結果となりました。進化は適者生存ではなく共存である。これを「競争的共存」と呼ぶそうです。個々は利己的かもしれないが、それぞれが多様性を持ち共存しています。決して、最適化される方向だけに進んではいません。自然界を見ていると、戦いに勝った強いものだけが生き残ったとは思えない、という面白い説を提唱されています。こはダーウィンの進化論に相対するものです。それに対し、リチャード・ドーキンスの「遺伝子は利己的に振舞う」という考えは進化論に基づいた考えで、進化とは自然淘汰の歴史であり、”遺伝子は利己の利益のために、生物を乗り継いでいく”「適者生存」説です。進化論の常識が今後の研究で、どのような進展をみせるのかが楽しみです。
弱い大腸菌が全て淘汰されるわけではない、という競争的共存を証明するかのような面白いゲームを先日の日経サイエンスの中で見付けました。「アダムとイブの科学、性はなぜ存在するのか」というテーマの中の「タカ派とハト派のゲーム理論」です。大腸菌に置き換えれば、タカ派は強い菌、ハト派は弱い菌に当てはまります。タカ派、ハト派の生き残り戦略ゲームとは↓

「タカ派の戦略」→どちらかが大怪我して動けなくなるまで徹底的に戦う。
「ハト派の戦略」→自分より強そうだなと思ったら、すっと引き下がる。


この2種類の戦略はどちらが有利か?はたして、強い者だけが勝ち残るのか?

<ゲームの得点>
●タカ派とハト派が戦うケースでは、必ずタカ派が勝つ(10点)
●ただし、敗者のハト派は引き下がるのでダメージを受けない(0点)
●タカ派同士、ハト派同士が戦うケースでは勝率50%になるが、タカ派同士は徹底的にダメージを与えるので負ければ(-50点)、勝てば(10点)
●ハト派はダメージを受けないので負けても(0点)。勝てば(10点)
●そのかわり、なかなか決着がつかないので、ハト派は時間的ロスが生じる(-3点)

以上の条件で、それぞれの派がどのような得点を得るか計算してみます。
集団中のタカ派の割合をP(0<P<1)とすると

※タカ派の得点
タカ派に出会った時=(10-50)÷2=-20点
ハト派に出会った時=10点
タカ派の平均得点=(-20点×P)+10点×(1-P)=10-30P


※ハト派の得点
ハト派に出会った時=(0+10)÷2-3=2点
タカ派に出会った時=0点
ハト派の平均点=2点×(1-P)+0点×P=2-2P


両者の割合が平衡状態になるのは、平均得点が均しくなったときだから、

10-30P=2-2P ∴P=0.28 →(タカ派28%、ハト派72%)


以上の計算でタカ派が3割弱、ハト派が7割強を占めるときが安定状態になります。強い者だけが勝ち残るという予想は外れ、弱いハト派が多数を占めました。非常に利己的な動機でありながら、きわめて道徳的な結論が出てくるという面白いゲームです。先程の進化の問題に戻ると、タカ派、ハト派が利己的なのは遺伝子であって個体ではありません。遺伝子にメリットがあれば、個体は利己的に振舞いますが、一方でそのほうが遺伝子にとって都合が良ければ、個体は道徳的、平和的に振舞います。ここで言う「利己的」という言葉は、環境などにたまたまよく適応した遺伝子が結果として増えていったという意味で、利己的な性質を持った遺伝子がもともとあった、と言うことではありません。

 性はなぜ存在するのか?というテーマの中での興味深い内容を紹介します。

「動物行動学者のリー・ヴァン・ヴェレンが提唱した”赤の女王仮説”という有名な説があります。周囲の環境がたえず変化している状況のなかでは、自分自身も常に変化していかないと、現在の状況を維持していくことができない、というものです。ルイス・キャロルの童話”鏡の国のアリス”にちなんで命名された説で、赤の女王が主人公アリスに向かってこんなことを言います。「同じ場所にとどまるためには、とにかく力の限り走り続けなければならないのだよ」

人類はウイルスの絶え間ない突然変異によって、常に少しずつ絶滅の危機へと追いやられていますそれに対抗するためには、新型のウイルスが出てくるのと同じスピードで、我々自身も変化する必要がある。そのために「性」というものをつくって、遺伝子の組み換えが常に起こるようにしたわけです。男と女がなぜ存在するのか。愛し合うため?ロマンのため?いいえ、男と女がいるのは病原体に対抗するためです。」「メスがオスを選ぶ際に、ウィルスなどの寄生生物に対する対抗性の強いオスを選ぶのは、まことに理にかなっています。道を歩いていて向こうから来る人を「あ、素敵な人だな!」と思うのは利己的遺伝子のしわざかも知れません。「あの人かっこいい!」というのは、目玉模様の多いクジャクのオスがもてるのと同じ理論で説明できます。経済力はメスにとってみれば自分の子供を確実に生き残らせることができる、ということに由来しているのかも知れません。」

posted by あみゅ at 00:36| Comment(41) | TrackBack(10) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

小資本で起業する「週末起業」




「会社を辞めずに、小資本で起業する」。

これが「週末起業」のコンセプトです。これにより憧れの起業が現実になり、ハリのある週末と副収入が確保できるようになります。



起業は素晴らしい人生の選択肢ですが、会社を辞めてとなると大変なリスクが伴います。そこで、会社にいながら始めることをおすすめします。



週末起業家は、今、確実に増えています。皆さん「自分が本当にやりたいこと」 「やりたかったけれど、あきらめていたこと」で実現しています。

例えば、

 ・「趣味に関するモノをインターネットで売る」

 ・「得意分野の教師、コンサルタントをする」

 ・「代行業をする」

 ・「ニュースやコラムを書いて売る」

 ・「人脈を生かして、仕事の仲介や斡旋をする



といったことです。失礼ながら、別に難しいスキルや資格をお持ちの方々で
はありませんが、ちょっとしたアイデアで始め、少しづつ大きくしています。



「たくさんいると言うが、見たことないぞ!」

と、おっしゃる方、それは彼らが自分の会社に知られることを嫌い、人前に登場しないのです。だから彼らの存在は知られませんし、ノウハウもなかなか流出しません。



「では、どうすれば週末起業家になれるの?」



その問いに答えているのが、ここでご紹介するNPO法人です。ここの代表である藤井孝一氏は、自ら「週末起業」を実践、そのノウハウを「週末起業」(筑摩書房)にまとめました。


そして日本全国でセミナーを行い、すでに2000人近くに語ったそうです。うち何人かは実際に週末起業家になりました。ただセミナーでは時間の関係も
ありコンセプトしか伝えられません。そこで継続的支援する組織を作ったのです。


それが会員制組織「週末起業フォーラム」です。ここで



・「週末起業」のノウハウを伝え、

・コンサルティングし、

・週末起業家同士の交流を図る場を提供、



これにより希望する方全員に週末起業家になっていただくことを目指します。

ここの会員になると様々な支援、特典が得られます。

是非一度週末起業フォーラムのサイトを覗いてみてください。
posted by あみゅ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

「プチリタイヤ」する方法!?

大地震が来て全財産を失っても・・
会社が倒産しても・・
リストラになって無職になっても・・・




全くのゼロから
3年で「億」を生み出す力を手にしたくはないですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「世の中がどうなっても、自分にゼロから稼ぎ出す力があれば

恐れるものは何もない」と思いませんか?


地方テレビ局のアナウンサーから無職に・・・。
ビジネス経験ゼロの素人が、
人脈無し、コネ無し、お金無しの
全くのゼロからスタートして、

3年間で「億」を稼ぎ出し、好きなときに好きなことだけを満喫する

『圧倒的な自由』を手に入れる方法を生み出した石井貴士さんの
 3年間の”全メソッド”が濃縮された最高峰完全パッケージ・・・。

それが、
『石井貴士 完全コンプリートパッケージ』




それにしても、この圧倒的なDVDの枚数とテキストの総ページ数。

圧巻です・・・。
ズッシリと重いパッケージ・・・。

石井さんが3年をかけてトライアンドエラーに1000万以上を
つぎ込みながら得た、1億を稼ぎ出すまでの貴重な”全メソッド”が
濃縮されています。

リアルなデータがいっぱいで、正直1週間では見終わりませんね・・・(^^;

これから独立起業を考える方には、必見の教材です。
はっきり言って、これを見たら1000万は得をすることになるでしょう。

特典の個別コンサルの都合上、個数は限定らしいので早いもの勝ちです!


『石井貴士 完全コンプリートパッケージ』
サイトはこちら


実は、個人的には、特典の個別コンサルが一番の「お得」だと思います。
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

石井さんと一対一で直接会って、お話ができるというのは、
石井さんとの関係を築くことができるというという意味でもありますから
これだけでも、すでに元がとれていると思います。(^^)


非常に非常に貴重ですっ!

限定品ですから、急いだほうがいいですよ。

『石井貴士 完全コンプリートパッケージ』 


1年や2年で終わらない一生のビジネスを本気で、
手に入れたい人は、必見ですっ!
posted by あみゅ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

「ネットトレーダー批判」と「額に汗して働け」に対抗する

2CHのスレより "株で2億"の高卒フリーター「株は夢を与える」
…ネット投資家バッシング考★5


貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター 株で2億!という本
ネット投資家バッシングのワケ ライブドア前社長・堀江貴文容疑者の逮捕以来、インターネットの株売買でもうけるネット投資家バッシングが強まっている。批判しているのは旧来のエリート層を代表する財界長老や評論家、ワイドショーのコメンテーターなど。ホリエモンは逮捕されたが、ネット投資家は犯罪者ではない。なのに、彼らのいったい、どこが、エスタブリッシュメントたちのカンに障ったのか。 
(市川隆太)
「働きもせず、デイトレーダーなど株取引ばかりに夢中になっている人も多いが、『自分さえよければ』という教育によるところが大きい」「きちんとした教育に支えられてきた人は、やはりきちんと働いている」−。ある財界長老は今月上旬、在京紙のインタビューで、ネット投資家をこう非難した。

 ■「今や一大勢力 無視できない」 
 一株当たりの値段を手ごろにするという東京証券取引所の方針を受け、株式分割を行った企業が続出した結果、政府の目算通り、証券市場に大量の個人投資家が参入した。素人の大量参入は、仕手筋による市場コントロールを防ぐ効果も期待されていた。その屋台骨が、手数料が安価なネット投資。「今や機関投資家も無視し得ない一大勢力」(証券マン)だ。

 東証マザーズに新規上場した人材派遣会社「ジェイコム」株をめぐり、みずほ証券の担当者が「六十一万円で一株」の売り注文を「一円で六十一万株」と発注ミスした際は機関投資家とともにネット投資家が買いに殺到し、億単位をもうけた人も出た。

 ネット投資と言えば、カンと反射神経を頼りに、買いの直後に売り抜ける「回転売買」を繰り返し、小まめな利食い(利益確定)でもうける「デイトレーダー」がクローズアップされている。しかし、買った翌日から数日後に売る「スウィンガー」型、数年間以上の長期保有型、これらの複合型も多く実態はさまざまだ。にもかかわらず、「みずほ証券問題」とホリエモン騒動の相乗効果なのか、ネット投資家への視線は日増しに冷たくなっている。

 前出の財界長老も「額に汗して働け」とネット投資家をしかり付け、評論家やコメンテーターもさかんに、このセリフを口にする。ライブドア事件を捜査指揮する大鶴基成東京地検特捜部長の発言をまねたらしい。

 大鶴氏は昨春の部長就任会見で「額に汗して働く人、リストラされ働けない人、違反すればもうかると分かっていても法律を順守している企業の人たちが憤慨するような事案を摘発したい」と言ったのだが、発言の一部だけ引用してネット投資家たたきに使われている感もある。

 ■スポーツ感覚の瞬間売買で利益
 デイトレーダーが毛嫌いされるのは、財務諸表とにらめっこするファンダメンタルズ分析や、株価チャートから未来の株価を予想するテクニカル分析といった伝統手法に逆らい、カンと反射神経を総動員したスポーツ感覚の“瞬間売買”で利益をもぎとっていると思われているかららしい。

 ■違法ではないが擁護論は少なく
 経済評論家の奥村宏氏は「デイトレーダーは株価がどう形成されるかも知らない。働かないのは自由だが、あれでは投機であり、ギャンブル。一週間以内の同一株売買のキャピタルゲインには90%ぐらい課税するなど、規制が必要だ」と断じる。「そこまでいじめる必要はないのでは」と言う経済アナリストの森永卓郎氏も「企業に資金を与え、配当を得るのが株式市場の役割なのに、デイトレーダーは一千万円買って一秒後に売ってもうける。違法行為じゃないから『やるならやれば』とは思うが、私は好きじゃないなあ」。

 メディアでも「投機家だってリスク分散に寄与している」との擁護論は少なく、「企業業績を分析してやるのが投資。みんなが買うから買うのは投機」といった批判が支配的だ。

 こうした逆風を、当のネット投資家たちはどう感じているのだろう。

 二十代のネット投資家は「暴落した株を買い支え、市場安定に寄与してきたのは僕たち。追い出せば、大金を投じて寝ころんでもうける金持ちが得する世の中に戻る」と反論する。

 最近、増えている大学生投資グループの一つで、慶大生が中心の「genesis」は、著書「慶應生が書いた「株のすゝめ」―入門の入門」の中でもファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を重視し、“瞬間売買”とは一線を画す。それでも、メンバーたちは「デイトレーダーも市場参加者であり企業への資金提供者。財界長老が資金提供者をけなすなんて、どうかしている」とあきれる。「生産者が汗をかくための前提条件は、資金提供者の存在なのに。経営者失格ですね」

 先月末、「貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター 株で2億!」というタイトルの本が扶桑社から出された。著者の「ひろっぴ」氏は、年収四百万円の父、専業主婦の母とともに大阪市内で家賃七万円のアパートに暮らす二十四歳男性。「工業高校を卒業後、鉄鋼工場に勤めたが月給は十二万円でした。『あかん、このまま、ここにおったら一生貧乏なままや』と。その時、心に『株』という文字が灯(とも)ったんです」と話す。二〇〇二年末、百万円を元手にネット投資の短期売買を繰り返し、〇四年暮れに五千万円弱まで増やした。昨年秋に一億円を超え、昨年暮れに約二億一千万円を達成した。

 ひろっぴ氏は「株は夢を与えてくれる」と言ってはばからない。「僕も、自分がやっているのは投機だと思うが、投資家だって値上がりを期待している。お金を稼ぐことも立派な目標だと思う。若者だって、お金は欲しい。今は企業の求人がないし、預貯金の利回りも悪い。株をやってなかったら(アパートの)大家さんになりたいという漠然とした夢も持たなかったと思う」と、淡々と語る。

 元証券会社ディーラーで個人向け投資顧問会社を運営する東保(とうぼ)裕之(ゆうじ)氏は「デイトレする人全員が勝てるわけではない」と警告したうえで、ネット投資家バッシングを「まるで、自分は動物嫌いだからペットショップも許せない、というレベルの話では?」と話す。

 「成功した若者の足を引っ張るのは、いけないですよ。資本主義なんだから金もうけが悪いとも言えない。証券市場に関心を持った影響で起業、就職する人だっているかもしれないし」

 外資系投資銀行OBで金融コンサルタント会社「インフィニティ」代表の岩崎日出俊氏は「デイトレはギャンブルだ。個人投資家は、企業の将来性を調べて、優良株を長期保有すべきです」と話す。しかし、「デイトレーダーも企業を見る目を養ってほしいが、そうでないからと言って悪者にするのはいかがなものか。市場主義経済を否定するような風潮には納得いかない」と明快だ。

 ■2億円達成24歳 「両親に家を」
 貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター 株で2億!
 前出のひろっぴ氏は、両親から「生活が苦しい」という言葉を何度となく聞いたと、自著で告白している。二億円トレーダーであることは両親にも知らせていないが、家を買ってあげるのが夢だという。夕方、証券市場が閉まると、総菜店のアルバイトに、そそくさと出かける。「人と話さないとおかしくなってしまいそうで。普通に働いている人々が、意外にトレーダーかもしれませんね」






【竹原慎二のボコボコ相談室】より
もとページ
<今月の悩めるサラリーマン02>
ヒルズ族とかに腹が立つ。
文具メーカー勤務:Kさん(53歳)
私は勤続30年、仕事一筋で生きてきました。しかし、ヒルズ族と呼ばれている人たちをはじめ、 最近の金持ちはラクをして私が到底手に入れることのできない大金を稼いでいます。
私のように一生懸命働いてきたものが報われず、株などのギャンブルで簡単に稼ぐ者がいい思いをしているこの世の中に、腹が立っています。竹原さんもこんな世の中おかしいと
おもいませんか?
-----------------------------------------------------------------------------
【竹原の答え】

別におかしかねーだろ!

世の中にはな、使う側と使われる側の人間がいるんだよ。あんたは30年も使われる側として安泰な 身分でのうのうと生きてきただけ。なに寝ぼけたこと言ってんだ?
あんたも住宅ローンとか車のローンとかは、組んだことあるかもしれん。でも、仕事をするために銀 行から金を借り入れるなんて事してねーだろ? 働けば、必ずお金がもらえる有り難い生活を営んで きたはずだ。ローリスクで生きてこられてよかったじゃねーか。
使う側の人間、大金をつかむ側の人たちはリスクを負ってんの。冒険せにゃあかんのよ。
俺もな、そんなに大袈裟なもんじゃねーけど商売やってるから分かる。店ひとつ出すんだっ脳味噌 から汗をダラダラ流して考えるさ。怖くて尻込みすんだよ。何千万〜何億円もの投資を何年で回収するかって。いや本当に回収できるのかどうかの保証もねーんだから。未来の事なんて誰にも分からない。 イチかバチかだ。
その賭けに勝った人だけが相応のリターンを得る。あたりまえじゃねーか。何がおかしいんだよ? 
賭けに負けた人たちは大勢自殺してんだぞ。命を張って勝負した結果なんだよ。そこんとこ分かってんの
かコラ。上っ面だけ見てんじゃねーよ。
チャンスは、全ての人間に平等にあるはずだ。あとは考えるか、そして行動に移すかどうかだけ。
な〜んも冒険せずに平々凡々と生きてきて、陰でグチャグチャ言うなや、ボケ。
もとページ
  竹原スタイル―奇跡を起こす人になれ


posted by あみゅ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。