2006年03月16日

日銀の量的緩和策解除に伴う金利上昇懸念

前日の米国株高に加えてシカゴの日経平均先物が大証終値を70円上回ったことなどを頼りに日経平均株価は前日比35円高の1万6354円71銭と小高く寄り付いて始まったが、その後は日銀の量的緩和策解除に伴う金利上昇懸念から不動産を始めとする内需関連株が避け幅を拡大させた。

特に不動産関連株の下げが目立った今日の東京市場となるが、市場では金利の上昇は賃貸料の値上げの要因にもなり、必ずしも懸念材料ばかりとは言えないといった声もでている。また、量的緩和策解除がそのまま直ぐにゼロ金利政策の解除につながるわけではないが、長期金利の目安となる10年物国債の利回りはここにきて上昇傾向が続いており、企業の資金調達コストの上昇懸念が株価の下落という形で現われた格好となっている

金利上昇懸念を受けて業種別では33業種中、不動産、鉱業、その他金融などを筆頭に30業種が下落した。

不動産は金利上昇懸念鉱業は原油価格の下落。その他金融(消費者ローン)は与謝野金融相が消費者ローンのTVコマーシャルは不愉快だと国会の予算委員会で発言したことがそれぞれ下げの原因となった。
posted by あみゅ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

日経平均は大幅反発【量的緩和解除の発表】

今日は用事がありデイトレは休んだ。そんなときに限って大幅上昇。。。
古河機金が自動売買での売りで落ちていた。

日銀金融政策決定会合の最終日であり、量的緩和解除の行方が注目されている中、会合後のアク抜け感を想定した先回り買いが強まった。小反発で始まった日経平均は、その後もじりじりと上げ幅を広げる格好となり、目先のショートカバーも加わり前場段階で一時16002.32円と16000円を回復している。
 その後は戻り売り圧力なども徐々に強まり、後場半ばには15868.02円と上値を抑えられる場面もみられた。ただ、量的緩和解除が伝わると再び上昇基調を強め、上げ幅は400円を超えている。


量的緩和解除でなぜ株価が上がる?
再送:インタビュー:量的緩和解除は金融政策が平時に戻るあかし、株式投資に魅力=フィデリティ投信社長

 [東京 7日 ロイター] フィデリティ投信のトーマス・バルク取締役兼代表執行役社長は7日、日銀の量的緩和解除が国内外の投資家や市場に与える影響について、「日本の金融政策がノーマル(平時)に戻り機能するようになる証(あかし)」との見解を示すともに、今後はインフレフレンドリーな商品として株式や株式投資信託が魅力的な投資先となるとの見解を示した。

 また、日本では今後さらに投信の販売が拡大する可能性が高く、フィデリティとしても日本で銀行や証券会社などの販売網を拡大し、預り資産の取り込みを図りたいとの考えを示した。


 バルク氏は、日本でも短期金利が8%程度だった時代があったことなどについて触れ、歴史的にみれば日銀の量的緩和解除で金利先高感が生まれても「日本の経済が崩壊するわけでもないし、日本の金融政策がノーマルに機能するようになる証(あかし)だろう」と語った。

 インフレフレンドリーな商品に投資するなら、「株式や株式投信そのものだろう」と語り、量的緩和解除で日本の金利に先高感が広がる環境になれば、株式投資の魅力はさらに増すとの見解を示した。


 フィデリティは、2010年に日本国内の顧客の運用資産残高を、現行の約3兆円から10兆円にする目標を掲げている。フィデリティの米国・カナダのオペレーション以外を指すフィデリティ・インターナショナルの運用資産残高のうち、日本における運用資産残高は約14%を占めるが、これを2010年には20%にまで伸ばしたいとの方針だ。


 バルク氏は、日本市場について、投資家が資産運用を考えるうえで投信が有利な商品であるとの認識が浸透すれば、投信の保有は急速に伸びると予想。現在フィデリティの投信はメガバンクや証券会社、地銀など幅広いネットワークで販売されているが、今後、地方にリージョナルオフィス(営業所)を設立し、地銀を中心に販売を強化するため投信の営業本部の人員を現行の36人から約5割増の56人に増やすなどで「ネットワーク拡大を進めたい」と意欲を示した。


 日本人投資家の間では、インドなど新興国の株式で運用するブリックス(BRICKs)ファンドが人気だ。これについてバルク氏は、国別の長期投資を考えた場合「ブラジル・ロシアより、中国やインドの方が投資先としてははるかに魅力は高い」と述べた。

 バルク氏は、ロシアなどの銘柄は、エネルギーや石油関連に偏る傾向もあり、最終的にはオイル株投信に投資しているのと大差はない、と指摘している。

 一方、最近では第二のブリックスの名目でさまざまな新興国を投資対象とする投信も設定されているが、バルク氏は、フィデリティは、ブームに乗ってファンドを設定するより「5年、10年たっても(中長期保有のために)買えると思える投信を設定するのがいいと思う」と語り、流行に流されない着実な商品開発を進める考えを強調した。

posted by あみゅ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

今日は反発

今日は大幅反発も、後場からの参加で、上げ幅取れず。先週に下げていてもう少し下げるかと思って、休みにしていたが、昼のニュースでの上げを聞いてあわてて参戦。予想するのは難しいなぁ。
6日前場の東京株式市場では、売り一巡後に上げ基調を強めた。平均株価は午前9時52分に1万5609円80銭(前週末比53円54銭安)まで下落したが、その後は上げに転じ、次第高となった。指数寄与度の高いソフトバンクがボーダフォン日本法人買収合意を受け人気化したほか、証券株や、値がさハイテク株の一角も上昇し、指数を押し上げた。寄り付き前の外国人投資家の買い越し姿勢や、為替相場が円安・ドル高基調で落ち着きを示したことも市場心理の安定化につながった。市場では、「ソフトバンク高に値がさハイテク株の上昇が効いた。ただ、225とTOPIXとのカイ離が大きい。今週は日銀政策委員会・政策決定会合など重要イベント目白押しで様子見を決め込んでいるプレイヤーが多いようだ。国内機関投資家は今年度決算に決着を付け、視線はすでに来年度に向いている。勢い、個別で良いものが拾うしかない」(東洋証券・大塚竜太情報部ストラテジスト)との声が聞かれた。平均株価は前週末比131円80銭高の1万5795円14銭と4営業日ぶりに反発し、高値引け。東証1部の騰落銘柄数は値上がり734、値下がり846。出来高は7億9363万株。売買代金は1兆1255億円。東京外国為替市場では、1ドル=116円台後半(前週末終値は116円25銭)で取引されている。
 TDK、ソニー、イビデンが上伸、京セラ、キヤノン、アドバンテスは強含むなど値がさハイテク株の一角が引き締まった。大証主力の任天堂や、廣済堂、アーク、ピジョンなどその他製造株の一角も上昇。野村、大和証G、日興コーデ、三菱UFJ証、岩井証などの証券株が次第高となり、東証1部の業種別株価指数で証券は値上がり率トップ。みずほ銀、NTTドコモと金融事業での提携が伝えられたクレセゾンをはじめ、フィデック、OMCカード、UFJニコス、SBI、アイフル、ジャフコなどノンバンク株も上値を追った。1月中間期連結決算で経常ほば倍増益の日駐が値上がり率トップとなり、パーク24、ケネディクス、パシフィックも一段高に買われたほか、三井不、菱地所などの大手不動産株も強含んだ。三菱倉、上組、郵船航空、ケイヒンなどの倉庫・運輸関連株も堅調。エーザイ、アステラス薬、武田薬、小野薬などの薬品株や、日水、マルハ本社などの水産株にも高いものが目立った。ソフトバンク高を受け、ヤフーが次第高。関連銘柄でインボイスも上昇した。個別では、07年3月期連結経常97%増益観測を引き続き評価したアイロムが2営業日連続のストップ高。あと、有沢製、伊藤園、コジマ、高田機工なども値上がり率上位に浮上した
posted by あみゅ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

寄り付き高いも、後場下げきつい

鉄鋼株が市場心理弱める
日経平均は続落。54.70円安の15909.76円(出来高概算17億9000万株)で取引を終えている。1日のNY市場では、ハイテク株主導の展開からダウ、ナスダックともに反発した。シカゴ先物もこの流れを受けて大証比200円高となっていたこともあり、日経平均もこれにさや寄せする格好から始まった。指数インパクトの高いアドバンテストなど値がさハイテク株や銀行、証券、保険、ノンバンク、食品、化学など幅広い銘柄が上昇し、寄り付き直後には一時16106.26円を付けている。しかし、昨日割り込んだ5日移動平均線に跳ね返される格好となるなど戻り売り圧力は強く、16000円を挟んだ取引が続いていた。そして、鉄鋼各社の業績見通し発表をきっかけに鉄鋼株が一段安となったことから、全体の地合いも徐々に弱含む格好となり、大引けにかけては幅広い銘柄への利益確定の動きにつながっている。


T&Gニーズ:フリーキャッシュフロー黒字化で初の配当へ [東京 2日 ロイター] テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>は1日、2006年3月期の年間配当を実施すると発表した。配当の実施は初めてとなる。実施する年間配当は500円で、うち200円は東証1部指定に伴う記念配当。
 新規出店に際し、初期投資負担を軽減する不動産流動化スキームを活用した方法を本格的に導入し、今通期にフリーキャッシュフローの黒字化が見込めるため、配当を実施する。

T&Gは期待したが、寄り付いた後、下げる一方で、前日を割り込んだ。初の配当も、期待はずれだった。
明日も下げると予想し、一部を除いて損切り&確定売りをした。




posted by あみゅ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

今日も軟調な展開・・はーぁっ

広範囲に売られ、平均株価は234円安と5日ぶりに急反落し、1万6000円割れ=東京株式市場・1日前場

 名実ともに3月相場入りした1日前場の東京株式市場では、広範囲に売られた。平均株価は午前10時17分に1万5910円65銭(前日比294円78銭安)まで下押す場面があった。米国株安に加え、シカゴ225先物の大幅下落を受け、売り圧力が継続した。外国人投資家の姿勢後退や、円高・ドル安基調にあることも市場心理の後退要因になった。量的緩和策の解除時期を探る意味で3日に発表される1月の全国消費者物価指数(CPI)を見極めたいとの空気も買い見送りにつながった。市場では、「NY株がかなり響いたが、先安を見越した売りではない。3月期末の決算対策売りと見られ、いわば季節的要因の側面が強い。先週月曜日からの自律反発に対する調整であり、テクニカル的には転換線や、一目均衡表の雲の上限となる1万5800円前後が下値メド。ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は良好であり、次のステップに向けた値固め局面と判断している」(東海東京調査センター・隅谷俊夫シニアストラテジスト)との声が聞かれた。平均株価は前日比234円62銭安の1万5970円81銭と5営業日ぶりに急反落し、取引時間中ではきのう同様に1万6000円を割り込んだ。東証1部の騰落銘柄数は値上がり279、値下がり1335。出来高は10億8226万株。売買代金は1兆3017億円。東京外国為替市場では、1ドル=115円台後半(前日終値は116円34銭)で取引されている。


買いを入れるもディトレ的には失敗。買戻しもできずじまい。ただここが押し目にならないとも限らないので、明日以降に期待しようっと。
posted by あみゅ at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

さえないトレード

さえない展開でつまらない。
東証2部から1部へと3月1日に昇格する銘柄(テイクアンドギヴニーズなど)はどれも手堅い展開。しかし今からかうには遅いか?
posted by あみゅ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経平均3日連続伸

寄り付き前の外国証券経由の売買注文動向(市場筋推計)が2営業日連続で買い越しで需給面での不安が薄れ、シカゴ市場の日経平均先物にサヤ寄せする格好で朝方から買いが先行した。上げ幅は一時、200円に迫ったが、戻り待ちの売りが多く、伸び悩んだ。大型株や中型株が買われる半面、小型株が売られ、東証1部の値下がり銘柄数は値上がり銘柄数を上回った。東証株価指数(TOPIX)は3営業日続伸。

好材料:ライブドアのメール問題は与党優位の展開で、政局への不安が後退。ジャスダックや東証マザーズなど新興市場も底を打ち、需給悪化の懸念も薄れている。さらに鉄鋼株に見るように、今期業績予想がさらに増額修正されるという期待も高まってきた。

一方で金利、為替の先行きは不透明だ。3月3日(金)には1月の全国消費者物価指数(CPI)が発表される。このコア指数が「前年比0.5%以上のプラスなら、3月8〜9日の日銀政策決定会合で量的金融緩和が解除される思惑が高まる」(市場関係者)。「量的緩和が解除されれば、外国人投資家が動き出す」(大手証券)と見る向きもあるが、円高が株式相場にマイナスのインパクトを与える可能性もある。今週の株式市場は、金融政策の行方をにらむ神経質な展開になりそうだ。

保有資産は後場 190千をきる。
サイバーエージェント、サイバーコミュニケーションズが下げる。
posted by あみゅ at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

やっと上昇か?東京株式市場・大引け=急反発

東京株式市場・大引け=急反発、昨年来で2番目の上げ幅 (ロイター)
終値ベースでは1月27日(前営業日比569円66銭高)以来の上昇幅で、昨年来で2番目の上げ幅

あす発表の2月の月例経済報告で景気判断が上方修正されるとの期待があることや、大証の先物処理遅延が買いに拍車をかける形となったことも支援材料となった。
短期的な底入れ感が出たことや、外資系証券が買い越しに転じたことで、需給懸念が後退しているようだ


やっと、上昇になったものの、ここ連日の下げで15万ぐらい損がでてる。最近は買っても買っても裏目になってしまっている。昨年の後半6ヶ月は自動的に上がっていただけに、あらためて自分の力のなさを痛感している。

posted by あみゅ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

連日の下げで・・・

連日の下げで、損失10万円(先週末比較)。
今日が底になったのでしょうか。
後場に上げるも完全回復には至っていない。

窪田真之・大和住銀投信投資顧問シニア・ファンド・マネージャー 株式相場は前週から調整地合いを強めたが、特に景気や企業収益で悪材料はなく、2005年の上昇スピードが速過ぎたことが最大の要因だ。米株式相場は05年にダウ工業株30種平均が下げ、06年も上値が重い展開が続いており、米国株との比較感も日本株の調整を促した。14日の急反発であく抜けしたとは言えないが、上場企業の06年度業績が4期連続で最高益となる展望が見えてくれば、再び上昇基調を強めるだろう。
 現在は設備投資など中期的な景気循環や、新興工業国、資源国など超長期的な景気循環が上向きにあるうえ、05年に下向きだったIT(情報技術)関連製品の在庫など短期的な景気循環も反転するとみている。短期から超長期までの景気循環がそろって上向くため、株式相場の上昇基調は継続するだろう。〔NQN〕

posted by あみゅ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

全面安の要因は? 東京株式市場・13日寄り付き

欧州系のバスケット売り観測に全面安商状、平均株価は一時219円安=東京株式市場・13日寄り付き

 13日の東京株式市場では、全面安商状。欧州系のバスケット売り観測に平均株価は一時、前週末比219円安まで急落した。外国人投資家の姿勢後退に加え、UBS証が「Reduce2」に引き下げたソフトバンクが急落していることも市場心理の悪化につながっている。東証1部の業種別株価指数では、全33業種中、紙・パルプを除く32業種が下落し、値下がり銘柄数は1400を超えている。
 10日のNY原油先物相場は、06年世界原油需要予想の下方修正で売り優勢に反落し、前日比0.78ドル安の1バレル=61.84ドルで取引を終了した。今朝の外国証券経由の売買注文動向では、1090万株の大幅売り越しとなった。10日の米国株式市場では、売り先行後に原油先物安を好感し、上昇基調。ダウ工業株30種平均は前日比35.70ドル高の1万919.05ドルと3日続伸し、ナスダック総合指数も同6.01ポイント高の2261.88ポイントと反発した。シカゴ平均株価先物は大証終値に比べ25円安の1万6275円だった。東京外国為替市場では、1ドル=117円台半ば(前週末終値は117円58銭)で取引されている。
 日立、富士通、NEC、松電産、シャープ、ソニー、京セラ、キヤノンなど主力ハイテク株がほぼ軒並み安。大証主力のロームや、アドバンテス、東エレク、エルピーダなどの半導体関連株も軟調。トヨタ、ホンダ、スズキ、いすゞ、ダイハツなどの自動車株もさえない。住金、新日鉄、神戸鋼、JFE、東製鉄などの鉄鋼株や、商船三井、飯野海、乾汽船などの海運株も売られている。三菱UFJ、三井住友、みずほ、りそなHDなど大手銀行株が全面安となり、常陽銀、群馬銀、静岡銀、京都銀、福岡銀などの地銀株にも安いものが目立つ。大和証G、日興コーデ、野村、三菱UFJ証、岡三などの証券株や、T&DHD、損保ジャパン、あいおい、富士火などの生損保株も値を下げている。NY原油先物安を受け、帝石、石油資源、国際石開などの資源開発株や、昭シェル、コスモ石、AOCHDなどの石油株も売り圧力に押されている。個別では、06年3月期連結で赤字幅拡大見通しのクボテック、06年3月期連結業績予想を下方修正したアイホン、06年3月期連結で一転赤字見通しの池上通、05年4〜12月期連結で営業49%減益のダイワボウなどが値下がり率上位に並んでいる。
 半面、王子紙、日本紙、北越紙など紙・パルプ株の一角が堅調。個別では、06年3月期復配意向のグラフテクや、島精機、昭栄、サクラダ、東邦薬などが値上がり率上位に浮上している。
 なお、東証は引き続き午後の取引開始時間を通常の同零時30分から、同1時に繰り下げ、30分短縮する。さらに注文件数が850万件、または約定件数が450万件を超える場合には、事前の警告の上、15分後に全銘柄の売買を停止する。
[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS−EXPRESS ] 提供:株式新聞社


平均株価は380円安と大幅続落し、安値引けに1万6000円割れ
=東京株式市場・13日後場
大幅下落の要因をまとめてみると
@ 外国人投資家の姿勢後退
A 日銀による量的緩和策の解除接近視
B 米国、イラン間の緊張など地政学的リスクも
posted by あみゅ at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

今日の成果

総資産2020千円(マイナス9千円バッド(下向き矢印)

日経平均は小幅反落。26.77円安の16720.99円(出来高概算23億5000万株)で取引を終えている。

乳幼児関連上げる
NHKや共同通信が午後報じたところによると、秋篠宮妃紀子さまがご懐妊した。この前後から、乳幼児用品を扱うコンビピジョン西松屋チェーンなどの株価が急伸している。コンビは東証1部の上昇率2位になってきた。 午後2時33分現在

不動産など「実物資産」関連に人気
不動産では三菱地所、三井不動産、住友不動産などの主力不動産株のほか、
パーク24やレオパレス21など一般消費者に近い銘柄も動いている。東証1部
の上昇率1位は日本綜合地所。

新月週末に株価指数オプションのSQ(特別清算値)算出を控える。

セガサミーホールディングス決算予想が上方修正。明日上がるか?

posted by あみゅ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

本日の総資産

本日はトレードはしなかった。総資産評価2029千円。前日比2万5千円アップ。


posted by あみゅ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

ニッセンが大幅高

(株)ニッセン 8248
USB証券が評価を引き上げたのがきっかけで大幅高。
 業績が底を打ち、来期以降は回復の見込みである上、消費セクターとしては割安な水準にあるという(同証券レポートより)
 セシールが公開買い付け(TOB)になるように、通信事業者は買収の対象になりやすいらしい。顧客価値に目をつけられるらしい。

2006/01/13, , 日経金融新聞より

業績が伸び悩んでいるニッセン(8248)が攻めの姿勢に転じようとしている。金融事業の切り離しなど財務体質の改善努力で資産効率が向上し、新たな成長源に投資する余裕が広がってきた。足元の業績は値下げキャンペーンの影響で悪化しているが、インターネット通販を柱に収益回復を目指す。


ニッセンは来期までにネット通販でも「三分の計」戦略を取り入れる方針だ。数億円を投資し、重点購買層ごとに通販専門サイトを立ち上げる。
ベンチャー企業との提携も加速する。昨年十一月にはネット調査会社と共同で家電などの購入相談サイトを開設。ライブドアによるセシール買収で予想される競争激化に備え、「顧客に支持されるようサービスを徹底する」(片山社長)
 株価は六日に昨年来高値二千七十五円を付け、その後は弱含みで推移している。連結予想株価収益率(PER)は約二十倍と、千趣会(七十倍台)と比較して割高感はない。ネット通販を確立して成長戦略を明確に示せれば、一段高となる可能性もありそうだ。

posted by あみゅ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

TOBしかけて、イオン株明日上がる?

リンク: @nifty:NEWS@nifty:イオン、オリジン東秀にTOB…ドンキに対抗(読売新聞).
オリジン東秀(東証2部)に敵対的買収を仕掛けていたドンキホーテに対して、イオンがホワイトナイトとして現れる・・・
イオン株をもってるんでドキドキです。オリジンは上がるとしてイオンはどうかな、買収する側ってどうなんだろう。

TOBとは・・・公開買い付けのこと。(Take Over Bid)買い付け価格を提示して投資家から広く株を買い集める。

日経平均 16551.23円(90.55円高)東京株式市場は日経平均が続伸。終値ベース、ザラ場ベースとも昨年来高値を更新、ともに2000年9月以来の水準を回復した。米国株高、円安基調の為替、決算期待などを背景に一時は300円近く上昇する場面もあったが、これまでの上昇ピッチの速さへの警戒感から上値では利食い売りが活発化、大引けにかけては急速に伸び悩んだ。
posted by あみゅ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

日経平均はあがっているけど・・・

ソニーがやたら相場を押し上げたようですね。午前中の段階でまだ上昇率では上位でなかったような気がします。ソニーにきずくべきだったナ。おしいことした。
午前中だけみてた。持ってた株を少し売ったのだが、それより値を上げておりますたふらふら
でも市場が盛り上がってよかった、よかった。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:東証株価、1万6460円(共同通信).
posted by あみゅ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

日経平均+240円で資産価値も+5万になった

今日は売買せず、見てるだけだった。それでデイトレーダーかよっ!って感じですが。まったりいきましょう。

所有のイオン株がきになっておりますが、ここ数日ライブドアショック以降ですが、思ったより値が戻らず、あれーと思っておりました。今日配当が+3円の15円になったとにゅーすがでるも、思ったよりは上がらなかった。しかし配当落ち日も近いことから、もちょっとは上がるだろうと予測している。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:東証、円安好感し続伸(共同通信).

夜NHKの番組で、ウリ坊さんというディトレーダーがでてました。個人投資家が増えたので、ライブドアショックのときに売買が異常に膨らんだ、という話で。
コメンテーターの話によると、個人投資家の中で一日に何回も売買(デイトレ)するのは「1割」ということだった。
posted by あみゅ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。