2006年09月20日

タカ派って何?意味は?

タカ派、ハト派って聞くけど、はっきりした意味は知らないなぁ・・・
で、検索して調べた
タカ派(鷹派、たかは)とは、強硬的な政治信条を持つ人または集団を指す言葉。⇔ハト派
タカ派 - 組織の中における、行動的な人達の事。 過激派よりは穏やかな表現。 [参考] 「 タカ派」とは、特定の政治信条を持つ人または集団を指す言葉。

このサイトはおもしろい
タカ派とハト派の戦略ゲームhttp://www5.ocn.ne.jp/~sanai/column/03takaha.html


1998年初、NHK未来潮流の番組で「生と死・遺伝子からのメッセージ」が放送されました。5名の出演者はパラサイト・イヴの作家「瀬名秀明」。ヒトゲノム解析センター所長、分子生物学者の東大医科学研究所「中村祐輔教授」。利己的遺伝子の著者、オックスフォード大学「リチャード・ドーキンス教授」。アポトーシスの研究者、東京理科大学「田沼靖一教授」と、阪大の四方哲也助手です。大阪大学工学部の四方哲也助手は、大腸菌を利用して進化の歴史を研究しています。大腸菌は5時間で世代交代が起こるので進化の研究には好都合なのだそうです。その中で、大変興味深い様子が観察されました。大腸菌の強い菌、弱い菌を一緒に混ぜると、強い菌だけが生き残ると考えられますが、実際の実験では弱い菌すべて淘汰されるわけではなく一定の割合で弱い菌が生き残る、という面白い結果となりました。進化は適者生存ではなく共存である。これを「競争的共存」と呼ぶそうです。個々は利己的かもしれないが、それぞれが多様性を持ち共存しています。決して、最適化される方向だけに進んではいません。自然界を見ていると、戦いに勝った強いものだけが生き残ったとは思えない、という面白い説を提唱されています。こはダーウィンの進化論に相対するものです。それに対し、リチャード・ドーキンスの「遺伝子は利己的に振舞う」という考えは進化論に基づいた考えで、進化とは自然淘汰の歴史であり、”遺伝子は利己の利益のために、生物を乗り継いでいく”「適者生存」説です。進化論の常識が今後の研究で、どのような進展をみせるのかが楽しみです。
弱い大腸菌が全て淘汰されるわけではない、という競争的共存を証明するかのような面白いゲームを先日の日経サイエンスの中で見付けました。「アダムとイブの科学、性はなぜ存在するのか」というテーマの中の「タカ派とハト派のゲーム理論」です。大腸菌に置き換えれば、タカ派は強い菌、ハト派は弱い菌に当てはまります。タカ派、ハト派の生き残り戦略ゲームとは↓

「タカ派の戦略」→どちらかが大怪我して動けなくなるまで徹底的に戦う。
「ハト派の戦略」→自分より強そうだなと思ったら、すっと引き下がる。


この2種類の戦略はどちらが有利か?はたして、強い者だけが勝ち残るのか?

<ゲームの得点>
●タカ派とハト派が戦うケースでは、必ずタカ派が勝つ(10点)
●ただし、敗者のハト派は引き下がるのでダメージを受けない(0点)
●タカ派同士、ハト派同士が戦うケースでは勝率50%になるが、タカ派同士は徹底的にダメージを与えるので負ければ(-50点)、勝てば(10点)
●ハト派はダメージを受けないので負けても(0点)。勝てば(10点)
●そのかわり、なかなか決着がつかないので、ハト派は時間的ロスが生じる(-3点)

以上の条件で、それぞれの派がどのような得点を得るか計算してみます。
集団中のタカ派の割合をP(0<P<1)とすると

※タカ派の得点
タカ派に出会った時=(10-50)÷2=-20点
ハト派に出会った時=10点
タカ派の平均得点=(-20点×P)+10点×(1-P)=10-30P


※ハト派の得点
ハト派に出会った時=(0+10)÷2-3=2点
タカ派に出会った時=0点
ハト派の平均点=2点×(1-P)+0点×P=2-2P


両者の割合が平衡状態になるのは、平均得点が均しくなったときだから、

10-30P=2-2P ∴P=0.28 →(タカ派28%、ハト派72%)


以上の計算でタカ派が3割弱、ハト派が7割強を占めるときが安定状態になります。強い者だけが勝ち残るという予想は外れ、弱いハト派が多数を占めました。非常に利己的な動機でありながら、きわめて道徳的な結論が出てくるという面白いゲームです。先程の進化の問題に戻ると、タカ派、ハト派が利己的なのは遺伝子であって個体ではありません。遺伝子にメリットがあれば、個体は利己的に振舞いますが、一方でそのほうが遺伝子にとって都合が良ければ、個体は道徳的、平和的に振舞います。ここで言う「利己的」という言葉は、環境などにたまたまよく適応した遺伝子が結果として増えていったという意味で、利己的な性質を持った遺伝子がもともとあった、と言うことではありません。

 性はなぜ存在するのか?というテーマの中での興味深い内容を紹介します。

「動物行動学者のリー・ヴァン・ヴェレンが提唱した”赤の女王仮説”という有名な説があります。周囲の環境がたえず変化している状況のなかでは、自分自身も常に変化していかないと、現在の状況を維持していくことができない、というものです。ルイス・キャロルの童話”鏡の国のアリス”にちなんで命名された説で、赤の女王が主人公アリスに向かってこんなことを言います。「同じ場所にとどまるためには、とにかく力の限り走り続けなければならないのだよ」

人類はウイルスの絶え間ない突然変異によって、常に少しずつ絶滅の危機へと追いやられていますそれに対抗するためには、新型のウイルスが出てくるのと同じスピードで、我々自身も変化する必要がある。そのために「性」というものをつくって、遺伝子の組み換えが常に起こるようにしたわけです。男と女がなぜ存在するのか。愛し合うため?ロマンのため?いいえ、男と女がいるのは病原体に対抗するためです。」「メスがオスを選ぶ際に、ウィルスなどの寄生生物に対する対抗性の強いオスを選ぶのは、まことに理にかなっています。道を歩いていて向こうから来る人を「あ、素敵な人だな!」と思うのは利己的遺伝子のしわざかも知れません。「あの人かっこいい!」というのは、目玉模様の多いクジャクのオスがもてるのと同じ理論で説明できます。経済力はメスにとってみれば自分の子供を確実に生き残らせることができる、ということに由来しているのかも知れません。」

posted by あみゅ at 00:36| Comment(41) | TrackBack(10) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

小資本で起業する「週末起業」




「会社を辞めずに、小資本で起業する」。

これが「週末起業」のコンセプトです。これにより憧れの起業が現実になり、ハリのある週末と副収入が確保できるようになります。



起業は素晴らしい人生の選択肢ですが、会社を辞めてとなると大変なリスクが伴います。そこで、会社にいながら始めることをおすすめします。



週末起業家は、今、確実に増えています。皆さん「自分が本当にやりたいこと」 「やりたかったけれど、あきらめていたこと」で実現しています。

例えば、

 ・「趣味に関するモノをインターネットで売る」

 ・「得意分野の教師、コンサルタントをする」

 ・「代行業をする」

 ・「ニュースやコラムを書いて売る」

 ・「人脈を生かして、仕事の仲介や斡旋をする



といったことです。失礼ながら、別に難しいスキルや資格をお持ちの方々で
はありませんが、ちょっとしたアイデアで始め、少しづつ大きくしています。



「たくさんいると言うが、見たことないぞ!」

と、おっしゃる方、それは彼らが自分の会社に知られることを嫌い、人前に登場しないのです。だから彼らの存在は知られませんし、ノウハウもなかなか流出しません。



「では、どうすれば週末起業家になれるの?」



その問いに答えているのが、ここでご紹介するNPO法人です。ここの代表である藤井孝一氏は、自ら「週末起業」を実践、そのノウハウを「週末起業」(筑摩書房)にまとめました。


そして日本全国でセミナーを行い、すでに2000人近くに語ったそうです。うち何人かは実際に週末起業家になりました。ただセミナーでは時間の関係も
ありコンセプトしか伝えられません。そこで継続的支援する組織を作ったのです。


それが会員制組織「週末起業フォーラム」です。ここで



・「週末起業」のノウハウを伝え、

・コンサルティングし、

・週末起業家同士の交流を図る場を提供、



これにより希望する方全員に週末起業家になっていただくことを目指します。

ここの会員になると様々な支援、特典が得られます。

是非一度週末起業フォーラムのサイトを覗いてみてください。
posted by あみゅ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

不動産投資の情報

プロが教える不動産投資の始め方とこれからの見通し
コラムがおすすめ:プロの目から見た不動産投資の上手な運用ノウハウをすべてお伝えします。

全国の投資用マンション、投資用アパート、その他の不動産投資物件が検索・お問い合せできます。 新築分譲物件や一棟売りの投資用マンション、投資用アパートから事業用物件まで。
posted by あみゅ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資全般・不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

海外投資の方法

資産家ネット
高利回り!元本保証型ファンド情報

【海外投資をはじめたい】
海外に銀行口座を開設

香港上海銀行(HSBC)口座開設
シティバンクシンガポール口座開設
シティバンク香港支店口座開設
アビ─インターナショナル銀行口座開設

成功する投資の秘訣を大公開!金利だけで生活する方法とは?

あの「ガイアの夜明け」が取材した資産運用ノウハウ限定緊急セミナー
本当のお金持ちだけが知っている成功する投資の秘訣を大公開!

やっぱり中国投資が儲かるかも!?人民元切り上げ投資ノウハウを大公開!中国人民元投資法がここにある!!
高利回り!中国人民元切り上げ投資セミナーDVD情報
中国人民元不動産投資情報

↓↓↓  こちらより投資情報をご覧ください ↓↓↓
posted by あみゅ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資全般・不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

日銀の量的緩和策解除に伴う金利上昇懸念

前日の米国株高に加えてシカゴの日経平均先物が大証終値を70円上回ったことなどを頼りに日経平均株価は前日比35円高の1万6354円71銭と小高く寄り付いて始まったが、その後は日銀の量的緩和策解除に伴う金利上昇懸念から不動産を始めとする内需関連株が避け幅を拡大させた。

特に不動産関連株の下げが目立った今日の東京市場となるが、市場では金利の上昇は賃貸料の値上げの要因にもなり、必ずしも懸念材料ばかりとは言えないといった声もでている。また、量的緩和策解除がそのまま直ぐにゼロ金利政策の解除につながるわけではないが、長期金利の目安となる10年物国債の利回りはここにきて上昇傾向が続いており、企業の資金調達コストの上昇懸念が株価の下落という形で現われた格好となっている

金利上昇懸念を受けて業種別では33業種中、不動産、鉱業、その他金融などを筆頭に30業種が下落した。

不動産は金利上昇懸念鉱業は原油価格の下落。その他金融(消費者ローン)は与謝野金融相が消費者ローンのTVコマーシャルは不愉快だと国会の予算委員会で発言したことがそれぞれ下げの原因となった。
posted by あみゅ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

「プチリタイヤ」する方法!?

大地震が来て全財産を失っても・・
会社が倒産しても・・
リストラになって無職になっても・・・




全くのゼロから
3年で「億」を生み出す力を手にしたくはないですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「世の中がどうなっても、自分にゼロから稼ぎ出す力があれば

恐れるものは何もない」と思いませんか?


地方テレビ局のアナウンサーから無職に・・・。
ビジネス経験ゼロの素人が、
人脈無し、コネ無し、お金無しの
全くのゼロからスタートして、

3年間で「億」を稼ぎ出し、好きなときに好きなことだけを満喫する

『圧倒的な自由』を手に入れる方法を生み出した石井貴士さんの
 3年間の”全メソッド”が濃縮された最高峰完全パッケージ・・・。

それが、
『石井貴士 完全コンプリートパッケージ』




それにしても、この圧倒的なDVDの枚数とテキストの総ページ数。

圧巻です・・・。
ズッシリと重いパッケージ・・・。

石井さんが3年をかけてトライアンドエラーに1000万以上を
つぎ込みながら得た、1億を稼ぎ出すまでの貴重な”全メソッド”が
濃縮されています。

リアルなデータがいっぱいで、正直1週間では見終わりませんね・・・(^^;

これから独立起業を考える方には、必見の教材です。
はっきり言って、これを見たら1000万は得をすることになるでしょう。

特典の個別コンサルの都合上、個数は限定らしいので早いもの勝ちです!


『石井貴士 完全コンプリートパッケージ』
サイトはこちら


実は、個人的には、特典の個別コンサルが一番の「お得」だと思います。
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

石井さんと一対一で直接会って、お話ができるというのは、
石井さんとの関係を築くことができるというという意味でもありますから
これだけでも、すでに元がとれていると思います。(^^)


非常に非常に貴重ですっ!

限定品ですから、急いだほうがいいですよ。

『石井貴士 完全コンプリートパッケージ』 


1年や2年で終わらない一生のビジネスを本気で、
手に入れたい人は、必見ですっ!
posted by あみゅ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

日経平均は大幅反発【量的緩和解除の発表】

今日は用事がありデイトレは休んだ。そんなときに限って大幅上昇。。。
古河機金が自動売買での売りで落ちていた。

日銀金融政策決定会合の最終日であり、量的緩和解除の行方が注目されている中、会合後のアク抜け感を想定した先回り買いが強まった。小反発で始まった日経平均は、その後もじりじりと上げ幅を広げる格好となり、目先のショートカバーも加わり前場段階で一時16002.32円と16000円を回復している。
 その後は戻り売り圧力なども徐々に強まり、後場半ばには15868.02円と上値を抑えられる場面もみられた。ただ、量的緩和解除が伝わると再び上昇基調を強め、上げ幅は400円を超えている。


量的緩和解除でなぜ株価が上がる?
再送:インタビュー:量的緩和解除は金融政策が平時に戻るあかし、株式投資に魅力=フィデリティ投信社長

 [東京 7日 ロイター] フィデリティ投信のトーマス・バルク取締役兼代表執行役社長は7日、日銀の量的緩和解除が国内外の投資家や市場に与える影響について、「日本の金融政策がノーマル(平時)に戻り機能するようになる証(あかし)」との見解を示すともに、今後はインフレフレンドリーな商品として株式や株式投資信託が魅力的な投資先となるとの見解を示した。

 また、日本では今後さらに投信の販売が拡大する可能性が高く、フィデリティとしても日本で銀行や証券会社などの販売網を拡大し、預り資産の取り込みを図りたいとの考えを示した。


 バルク氏は、日本でも短期金利が8%程度だった時代があったことなどについて触れ、歴史的にみれば日銀の量的緩和解除で金利先高感が生まれても「日本の経済が崩壊するわけでもないし、日本の金融政策がノーマルに機能するようになる証(あかし)だろう」と語った。

 インフレフレンドリーな商品に投資するなら、「株式や株式投信そのものだろう」と語り、量的緩和解除で日本の金利に先高感が広がる環境になれば、株式投資の魅力はさらに増すとの見解を示した。


 フィデリティは、2010年に日本国内の顧客の運用資産残高を、現行の約3兆円から10兆円にする目標を掲げている。フィデリティの米国・カナダのオペレーション以外を指すフィデリティ・インターナショナルの運用資産残高のうち、日本における運用資産残高は約14%を占めるが、これを2010年には20%にまで伸ばしたいとの方針だ。


 バルク氏は、日本市場について、投資家が資産運用を考えるうえで投信が有利な商品であるとの認識が浸透すれば、投信の保有は急速に伸びると予想。現在フィデリティの投信はメガバンクや証券会社、地銀など幅広いネットワークで販売されているが、今後、地方にリージョナルオフィス(営業所)を設立し、地銀を中心に販売を強化するため投信の営業本部の人員を現行の36人から約5割増の56人に増やすなどで「ネットワーク拡大を進めたい」と意欲を示した。


 日本人投資家の間では、インドなど新興国の株式で運用するブリックス(BRICKs)ファンドが人気だ。これについてバルク氏は、国別の長期投資を考えた場合「ブラジル・ロシアより、中国やインドの方が投資先としてははるかに魅力は高い」と述べた。

 バルク氏は、ロシアなどの銘柄は、エネルギーや石油関連に偏る傾向もあり、最終的にはオイル株投信に投資しているのと大差はない、と指摘している。

 一方、最近では第二のブリックスの名目でさまざまな新興国を投資対象とする投信も設定されているが、バルク氏は、フィデリティは、ブームに乗ってファンドを設定するより「5年、10年たっても(中長期保有のために)買えると思える投信を設定するのがいいと思う」と語り、流行に流されない着実な商品開発を進める考えを強調した。

posted by あみゅ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

今日は反発

今日は大幅反発も、後場からの参加で、上げ幅取れず。先週に下げていてもう少し下げるかと思って、休みにしていたが、昼のニュースでの上げを聞いてあわてて参戦。予想するのは難しいなぁ。
6日前場の東京株式市場では、売り一巡後に上げ基調を強めた。平均株価は午前9時52分に1万5609円80銭(前週末比53円54銭安)まで下落したが、その後は上げに転じ、次第高となった。指数寄与度の高いソフトバンクがボーダフォン日本法人買収合意を受け人気化したほか、証券株や、値がさハイテク株の一角も上昇し、指数を押し上げた。寄り付き前の外国人投資家の買い越し姿勢や、為替相場が円安・ドル高基調で落ち着きを示したことも市場心理の安定化につながった。市場では、「ソフトバンク高に値がさハイテク株の上昇が効いた。ただ、225とTOPIXとのカイ離が大きい。今週は日銀政策委員会・政策決定会合など重要イベント目白押しで様子見を決め込んでいるプレイヤーが多いようだ。国内機関投資家は今年度決算に決着を付け、視線はすでに来年度に向いている。勢い、個別で良いものが拾うしかない」(東洋証券・大塚竜太情報部ストラテジスト)との声が聞かれた。平均株価は前週末比131円80銭高の1万5795円14銭と4営業日ぶりに反発し、高値引け。東証1部の騰落銘柄数は値上がり734、値下がり846。出来高は7億9363万株。売買代金は1兆1255億円。東京外国為替市場では、1ドル=116円台後半(前週末終値は116円25銭)で取引されている。
 TDK、ソニー、イビデンが上伸、京セラ、キヤノン、アドバンテスは強含むなど値がさハイテク株の一角が引き締まった。大証主力の任天堂や、廣済堂、アーク、ピジョンなどその他製造株の一角も上昇。野村、大和証G、日興コーデ、三菱UFJ証、岩井証などの証券株が次第高となり、東証1部の業種別株価指数で証券は値上がり率トップ。みずほ銀、NTTドコモと金融事業での提携が伝えられたクレセゾンをはじめ、フィデック、OMCカード、UFJニコス、SBI、アイフル、ジャフコなどノンバンク株も上値を追った。1月中間期連結決算で経常ほば倍増益の日駐が値上がり率トップとなり、パーク24、ケネディクス、パシフィックも一段高に買われたほか、三井不、菱地所などの大手不動産株も強含んだ。三菱倉、上組、郵船航空、ケイヒンなどの倉庫・運輸関連株も堅調。エーザイ、アステラス薬、武田薬、小野薬などの薬品株や、日水、マルハ本社などの水産株にも高いものが目立った。ソフトバンク高を受け、ヤフーが次第高。関連銘柄でインボイスも上昇した。個別では、07年3月期連結経常97%増益観測を引き続き評価したアイロムが2営業日連続のストップ高。あと、有沢製、伊藤園、コジマ、高田機工なども値上がり率上位に浮上した
posted by あみゅ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

寄り付き高いも、後場下げきつい

鉄鋼株が市場心理弱める
日経平均は続落。54.70円安の15909.76円(出来高概算17億9000万株)で取引を終えている。1日のNY市場では、ハイテク株主導の展開からダウ、ナスダックともに反発した。シカゴ先物もこの流れを受けて大証比200円高となっていたこともあり、日経平均もこれにさや寄せする格好から始まった。指数インパクトの高いアドバンテストなど値がさハイテク株や銀行、証券、保険、ノンバンク、食品、化学など幅広い銘柄が上昇し、寄り付き直後には一時16106.26円を付けている。しかし、昨日割り込んだ5日移動平均線に跳ね返される格好となるなど戻り売り圧力は強く、16000円を挟んだ取引が続いていた。そして、鉄鋼各社の業績見通し発表をきっかけに鉄鋼株が一段安となったことから、全体の地合いも徐々に弱含む格好となり、大引けにかけては幅広い銘柄への利益確定の動きにつながっている。


T&Gニーズ:フリーキャッシュフロー黒字化で初の配当へ [東京 2日 ロイター] テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>は1日、2006年3月期の年間配当を実施すると発表した。配当の実施は初めてとなる。実施する年間配当は500円で、うち200円は東証1部指定に伴う記念配当。
 新規出店に際し、初期投資負担を軽減する不動産流動化スキームを活用した方法を本格的に導入し、今通期にフリーキャッシュフローの黒字化が見込めるため、配当を実施する。

T&Gは期待したが、寄り付いた後、下げる一方で、前日を割り込んだ。初の配当も、期待はずれだった。
明日も下げると予想し、一部を除いて損切り&確定売りをした。




posted by あみゅ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

今日も軟調な展開・・はーぁっ

広範囲に売られ、平均株価は234円安と5日ぶりに急反落し、1万6000円割れ=東京株式市場・1日前場

 名実ともに3月相場入りした1日前場の東京株式市場では、広範囲に売られた。平均株価は午前10時17分に1万5910円65銭(前日比294円78銭安)まで下押す場面があった。米国株安に加え、シカゴ225先物の大幅下落を受け、売り圧力が継続した。外国人投資家の姿勢後退や、円高・ドル安基調にあることも市場心理の後退要因になった。量的緩和策の解除時期を探る意味で3日に発表される1月の全国消費者物価指数(CPI)を見極めたいとの空気も買い見送りにつながった。市場では、「NY株がかなり響いたが、先安を見越した売りではない。3月期末の決算対策売りと見られ、いわば季節的要因の側面が強い。先週月曜日からの自律反発に対する調整であり、テクニカル的には転換線や、一目均衡表の雲の上限となる1万5800円前後が下値メド。ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は良好であり、次のステップに向けた値固め局面と判断している」(東海東京調査センター・隅谷俊夫シニアストラテジスト)との声が聞かれた。平均株価は前日比234円62銭安の1万5970円81銭と5営業日ぶりに急反落し、取引時間中ではきのう同様に1万6000円を割り込んだ。東証1部の騰落銘柄数は値上がり279、値下がり1335。出来高は10億8226万株。売買代金は1兆3017億円。東京外国為替市場では、1ドル=115円台後半(前日終値は116円34銭)で取引されている。


買いを入れるもディトレ的には失敗。買戻しもできずじまい。ただここが押し目にならないとも限らないので、明日以降に期待しようっと。
posted by あみゅ at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式トレード(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。